顎関節症とは

顎関節症かも?チェックリストでチェックしてみよう

顎関節症かも?チェックリストでチェックしてみよう

現在では多くの方が不安を覚える顎関節症ですが、実は顎関節症は顎だけでなく全身に様々な悪影響をおよぼします。以下に該当する方は顎関節症のおそれがありますから、注意が必要です。日常生活に支障が出るほどひどい場合は、速やかに治療されることをおすすめします。

大きく口を開けられない

食事のときに顎がカチカチと鳴る

噛みしめると顎関節が痛む

顎が外れそうになることがある

なぜ顎関節症になるの?

一番多いのは、噛み合わせの悪い人が無理をして咀嚼(そしゃく)を続けていること、また長時間の不自然な姿勢(うつ伏せや横向きに寝るなど)や頬づえ、外傷(打撲)、片側だけで噛む癖などが考えられます。また、治療した歯の噛み合わせの不具合などもあるでしょう。

どんな症状が出るの?

どんな症状が出るの?

口が開けられないといったほか、咀嚼に関する筋肉の運動が狂いますから、頭部に流れる血液、神経系、分泌系などのバランスが乱れることがあります。その結果、耳鳴り、偏頭痛、手足のしびれ、肩こり、腰痛、生理不順など、おおよそ顎と関係ないだろうと考えられる症状も出てきます。

関節症の見分け方

(1)鏡を見て自分の顔の筋肉のつき方が左右対称ですか?
(2)顎の先端が顔の正中線(真ん中のライン)からずれていませんか?
(3)口を開けるとき関節に違和感があったり音がなったりしませんか?
など注意深く観察してください。

顎関節と疑ったら?

症状には個人差がありますが、痛みや音があるようなら速やかに専門医に相談しましょう!

具体的な治療法はこちら