当医院の基本理念

患者さんに最良の治療をご提供するために

1 できるだけ詳細な資料をとる

できるだけ詳細な資料をとる

できるだけ詳細な資料をとる

できるだけ詳細な資料をとる

できるだけ詳細な資料をとる

できるだけ詳細な資料をとる

上記のように詳細な資料をとり、豊富なデータをくわしく分析し治療方針を立てます。治療の方法や治療期間などをご本人(治療を受けるのがお子さんの場合はご両親にも)と歯科医師のあいだでコンサルテーションを行い、納得いくまでお話をします。

当院ではiPadを使って治療の説明を行っています。

2 美しくなれる矯正治療

洋の東西を問わず「美しさ」には共通した認識がありますが、「美しさ」とは健康でそれを科学的に証明されたものでなければならないと思います。

図1

図1

図2

図2

上記の写真は矯正治療をした患者さんの治療前と治療後の写真です。図2のほうが図1より美しいと感じるでしょう。それは、口を閉じたときにオトガイ隆起(下顎の中心にある隆起)が緊張していないことと、E-line(鼻とオトガイ隆起を結んだ線)の内側に上下の口唇が入っていることの2つの条件がそろっているからです。また上下の噛み合わせが機能していることも、大切なポイントでしょう。

美しさと健康にかかわるオトガイ隆起について

動物のなかでオトガイ隆起を持っているのは人間だけであると言われています。ヒトに一番近いと言われているチンパンジーですら、このオトガイ隆起はありません。そのため、オトガイ隆起は言語を話すことによりできたのではないかとも言われています。ほとんどの方がオトガイ隆起を持っているのですが、歯並びや骨格のちょっとしたずれでオトガイ隆起が隠れている方も多くいらっしゃいます。

さて、なぜオトガイがあると良いのでしょうか? それは、オトガイがあると口の周りの筋肉がリラックスして唇を閉じることができるからです。

唇を閉じたときにオトガイ隆起に梅干しのようなシワ(図1の左側参照)ができる人がいますが、これはオトガイ筋が緊張しているために起こります。

オトガイ筋が緊張している方も就寝時にはリラックスしていますから、オトガイ筋が弛緩し口が開きます。口が開いてしまうと、歯肉が乾燥しやすくなります。歯肉は粘膜であるためノドや眼と同じように乾燥に対しては非常に弱く、すぐに炎症を起こします。ですから、オトガイ筋の緊張が強い人は歯肉炎や歯槽膿漏にもなりやすく、風邪もひきやすいと考えられます。

3 顎関節を含めた包括的な治療

顎関節には、ほかの身体各部の関節にはみられない、いくつかの特徴があります。

1:左右2つの顎関節は一対となって、協調運動を営んでいる。
一方の関節が運動すれば、必ず他方の関節も同時に何らかの運動をしていることになり、一方だけの単独運動をすることはありません。

2:顎関節は多くのほかの関節と同様に回転運動を行うが、それに加えて滑走運動(顎を前に出す)も行うことができる。
滑走運動は他の関節にみられない顎関節特有の動きです。2つの運動を巧みに組み合わせて、ヒトは咀嚼(そしゃく)や発音といった複雑な下顎運動を可能にしています。

3:顎関節の運動は、歯によって規制されている。
上顎の歯列に下顎の歯列がぶつかることによって、運動に制限が生じます。すなわち停止を意味します。

図1:レントゲン正面観

図1:レントゲン正面観

図2:治療前の顔正面観

図2:治療前の顔正面観

図3:治療前の口の中

図3:治療前の口の中

 

図4:治療1.5年後の顔正面観

図4:治療1.5年後の顔正面観

図5:治療1.5年後の口の中

図5:治療1.5年後の口の中

上の写真の患者さん(A君)は、たった1本の歯のずれから、顔の非対称、関節のずれ、そして開口障害を引き起こしていました。図4と図5は治療1年半後のA君です。顔の正面から左右対称になっているのがはっきりと分かる通り、口の中の正中も左右対称になっています。このことから、顎関節は正常な協調運動を営むことができるようになり、A君は咀嚼機能・発音を回復できました。

4 治療後も長期にわたり安定する噛み合わせをつくる

現段階では非常に難しい問題でして、当医院の永久的課題としたいところです。矯正治療後にきれいな歯並びの状態を100%一生維持できるかというと、今のところどんな最新の治療方法をもってしても不可能です。

ソフトリテーナー

ソフトリテーナー

ホウレ-タイプリテ-ナ-

ホウレ-タイプリテ-ナ-

矯正治療後に歯はリラップス(後戻り)を起こします。そのことを想定してオーバートリートメント(過度の治療)、リテーナーの工夫など、患者さんの噛む力、舌癖(特に多いのが舌の先が上顎前歯に当たっている)などをチェックして、ご協力いただいています。

残念ながら、当医院でもブラケットを外すと治療が終了したと勘違いされる患者さんが少なからずいらっしゃいます。ですが、ブラケットを外しても治療が終わるわけではありません。次は、後戻り対策として、いくつかの処置を行わなければなりません。処置をせずに放置してしまったため、再治療となった患者さんもいらっしゃいます。

この「長期間噛み合わせを安定させるためにはどうしたら良いのか」という問題は、矯正歯科学会レベルでも常に検討されています。