小児の歯科治療

歯の健康を守るには予防が大事!

歯の健康を守るには予防が大事!

「歯医者さんは歯が痛くなってから行くところ」という考えをお持ちの方も多くいらっしゃいますが、それは危険な考え方。虫歯などで削られてしまった歯は、二度と元に戻りません。つまり、「歯科治療を受けて歯が削られるたびに、歯はどんどん小さくなっていく」ということなのです。

歯を本当に大切にした考え方は、「歯が痛くなる前から歯医者さんに定期的に通う」というもの。歯のクリーニングなど予防的な処置を行うことで、歯の病気を未然に防ぎます。また定期的に通院することで、もし虫歯があってもごくはじめの段階で治療できるので、歯へのダメージの蓄積を防げるのです。

子どもの頃から予防の習慣づけを

子どもの頃から予防の習慣づけを

たとえば、子どもの頃から定期的に歯医者さんに通う習慣があればどうでしょう? もしそのような習慣があれば、その人の歯は生涯にわたって健康でいられるでしょう。

子どもの時期は、「歯医者さんに通う習慣」を身に付けさせることができる、とても貴重な時期です。ご両親が主体となって、定期的な通院を習慣づけてあげてください。その仕事は、お子さんの歯の健康を守ることにつながります。

歯並びは乱れていない?

歯並びは乱れていない?

歯並びが乱れていると歯ブラシが届きにくい箇所ができ、虫歯や歯槽膿漏になる原因となります。またそれ以外にも、全身に様々な悪影響がおよぶことも。もしお子さんの歯並びに乱れが見られるようなら、お早めにご相談ください。一緒にお子さんの歯について、真剣に考えさせていただきます。

正しいブラッシング

子どもの頃は、正しいブラッシングを身に付けるチャンス。当医院でもレクチャーしていますので、お気軽にお声掛けください。

Step1 歯ブラシを選ぶ

Step1 歯ブラシを選ぶ

Step1 歯ブラシを選ぶ

柄の部分がまっすぐなものを。ブラシの部分はまっすぐにカットされ、横2本分より少し小さめがいいです。普通の固さの毛を選びましょう。

Step1 歯ブラシを選ぶ

Step1 歯ブラシを選ぶ

Step1 歯ブラシを選ぶ

上3枚の写真のように毛先が広がっているブラシはそろそろ替え時です。

Step2 歯ブラシの持ち方

Step2 歯ブラシの持ち方

Step2 歯ブラシの持ち方

上写真左のようにペングリップで持ち、写真右のようなハンドグリップでの持ち方はやめましょう。ハンドグリップはどうしても必要以上の力が入りすぎるからです。

Step3 みがく順序を決めましょう

Step3 みがく順序を決めましょう

口の中の汚れをきちんと落とすために、みがく順序を決めましょう。
例:口の中をCの字に沿ってみがくなど。

左上・上の前歯・右上・右下・下の前歯・右下の順にみがけば、みがき残しは少なくなるでしょう。

Step4 細部までみがく

Step4 細部までみがく

Step4 細部までみがく

Step4 細部までみがく

Step4 細部までみがく

ブラシの3分の1くらいを使って、下の写真のように細部まで汚れを落とします。1本の歯に対して20回程度、縦でも横でも結構ですから、しっかり汚れを落としましょう。

今度は歯肉です。マッサージをするように歯肉から歯の方向にブラシをかけてください。決して横方向や歯から歯肉の方向にブラシをかけないでくださいね!

Step5 口をゆすぐ

口に水を含み「ぐちゅぐちゅゆすぎ」をしてください。5回以上が理想的です。ちょっとしつこい程度にゆすぐことが大切です。お子さんや介護を必要とされる方は、ガーゼに水を含ませ、人差し指にからめ頬から口蓋・歯肉まできれいに汚れをふき取るようにしましょう。もちろんガーゼは使い捨てが原則です。

Step6 歯ブラシの保管

よく水で洗い、乾燥させ、細菌の繁殖しにくい場所に保管しましょう! ここまでやってはじめて歯みがきと言えます!